永代供養のメリットデメリット

###Site Name###

永代供養というのはお寺や霊園などが永代に渡って管理・供養してくれる埋葬方法です。

少子化や核家族化・高齢化がすすみ、お墓を持っていても遠かったり行くのが大変だったり、管理者がいなかったらどんどん荒れていってしまいます。

埼玉の墓じまいの情報ならこちらで掲載されています。

残される家族や親戚のことも考えてお墓を考えなければなりません。

お墓を建てる費用や管理する労力を考えた結果、永代供養墓を選ぶ人が増えているのです。永代供養墓の場合、交通の便が良い場所にあることが多いのもメリットで、里帰りしたときなど気軽にお墓参りに行くことができるのです。

ただ、一般にお墓というと家族ごとに建ってあり、その中に入っていくというものだったのが、知らない他人のお骨と一緒にされてしまうのは精神的にいやだという考えもあります。


一度収めてしまうと他の骨とまぎれてしまい、二度と取り出すことができないという場合もあります。


お供え物や専攻を備えることができないことも多く、お墓参りということ自体ができなかったりもします。



お墓というのは合理性だけでなく精神面も含めて家族や親戚の合意をもっておこなわなければのちのちのトラブルともなるデリケートな問題です。

All Aboutを利用するなら此方のサイトです。

メリットデメリットを知った上で、家族や親族とよく話し合って決めるようにしましょう。
先祖と自分がつながることのできる唯一の場所であり、お墓に対する捉え方も人それぞれです。
永代供養することでお墓参りができなくなるのがよい事かどうかも人それぞれです。