樹木葬でヒトは生態系の一員であることを実感する

###Site Name###

死後の遺骨をどう保管しますか?日本の墓地、霊園の大半が墓石を建てる様式です。それはとても高価で遺骨はここに眠ります。


一方でお墓の管理をする人が居なくなり、だからと言って取りまとめるわけにもいかず、場所は限られている。



今お寺を始め多くの人々が頭を抱えている問題です。

そこで散骨スタイルで海に戻す考え方が登場しました。
しかし、環境面や生態系のことを考えると全ての人がやっても良いわけではないですね。

Yahoo!ニュース情報をご紹介いたします。

そこで、「有機物は土に還る」といった物質の循環の考え方を応用した埋葬の方法が樹木葬です。

火葬した遺骨を麻袋に詰め、簡単な石碑で目印とする。

土の中で遺骨は土に還ります。

非常にリーズナブルで個性も手作りデコレーションケーキのように発揮しやすいです。



そしてもし管理者がいなくなったとしても永代供養の契約ではないので、効率よく管理できる点がとても効率的です。
遺骨は土に還っていますから、故人への後ろめたさもありません。


そして、樹木葬のもう一つの特徴が桜などの木々が華やかにその地を守るという点です。ご存知の通り、日本人は花を見ることで四季を感じ、人々が集い、賑わいます。

だからこそ、ご先祖様のことを木々の花や葉が色づくたびに思い出すことができるのです。

自然を感じ、自然を愛し、命の大切さを知る教育の場としても樹木葬は存在価値を見いだせる、樹木葬は人の死の新しい捉え方になるのです。たとえお墓の中に誰の遺骨もなかったとしても、その場に集まり先祖を敬うことが日本人でよかったと思える瞬間だと思います。