永代供養墓が人気になってきています

###Site Name###

最近、お墓の管理や維持をしてくれる親族がいなくても、お寺が責任をもって供養と管理をしてくれる永代供養墓が人気となっています。

その背景には、生涯独身を貫き親しい親族がいない人が増えたこと、核家族化で子どもが少なく、墓の管理や維持などの手間をかけさせたくない人が増えたことなどが上げられます。



先祖代々のお墓と大きく違うところは、個人墓の場合を除き、墓石を用意する必要がないのでリーズナブルな事、他の人と同じお墓や納骨堂に安置される事、供養と管理をお寺に任せられる事、一式の料金を一度払えばお布施や管理費を払う必要が無いことなどがあります。

永代供養墓では納骨後、お彼岸やお盆に合同供養をしてくれます。

教えて!gooに関する情報が満載のサイトです。

その他にもお寺によっては月に一度の供養をしてくれたり、年一階の命日に供養をしてくれたりとかなり対応に幅があります。
費用は大抵一式で払う事が多く、その中には永代供養料、納骨法要のお布施、墓誌に納骨者の名前を彫る費用が含まれています。
料金はお寺によってかなりの差があり、最初から遺骨を土に還す合祀の場合だと大体目安が10万円から。遺骨を一定期間安置してから合祀にする場合は30万円からとなっています。


また、先祖のお墓が遠いところにあり管理や供養、維持が難しい場合、そのお墓を片付けて、骨を永代供養墓に移すこともできますよ。



自分の死後、伝統的なお墓にこだわらない人にとっては永代供養墓は大変効率的なスタイルと言えるでしょう。

もし永代供養墓に入ることを望むなら生前から自分にあったところを探しておくといいですね。