人生最後の選択自然葬

###Site Name###

人生最後で最大のイベントは、死です。

故人を弔う方法としては、葬儀告別式を執り行い火葬をしお墓に埋葬をするというのがごく一般的ではないでしょうか。



最近ではお葬式も故人や遺族の考え方によって様々なスタイルが増えてきました。


それに伴い、海や山といった自然に散骨する自然葬を選択される方もいるようです。

自然に散骨というと、自分の死後お墓詣りをしてもらえないのかといったネガティブなイメージを持たれる方もいるかもしれません。

田舎の実家と都会の子供といった風に遠く離れていた場合、お墓詣りに足を運ぶことも難しいという方はたくさんいらっしゃいます。



世の中の流れやライフスタイルの変化に合わせ、お墓を持たないという選択があることを検討するのもいいでしょう。

自分が死後お墓に入ったら、墓守をする人が必要となります。親はいつまでも子供がかわいいもの。

子供を縛り付けたくない、海外でもどこへでも行って自由に生きてほしいという願いを持っている方もいるのではないでしょうか。同じような考えで寺院の永代供養墓にという方もいらっしゃいます。

Girls Channelの詳細情報となります。

一番寂しいのは故人を忘れ去り供養をしなくなることです。

例えお墓がなくても海や空や山を見て毎年お盆や折々に触れ思い出すのも供養になります。

もちろん一般的な方法であるお墓に埋葬するのか、自然葬にするのかそれは故人の遺志を尊重するのが一番です。
人生最後に自然葬という選択があることを知って頂きたいです。